【全米図書賞】歴代受賞作一覧|翻訳されているタイトルのみ

全米図書賞歴代受賞作

《全米図書賞》の歴代受賞作一覧

アメリカで最も権威のある文学賞の一つである全米図書賞の歴代受賞作品をまとめています。小説・ノンフィクション・詩・児童文学の分野から小説部門を掲載。

全米図書賞は、全米図書協会により運営されています。

「友だち」「地下鉄道」「コールドマウンテン」「すべての美しい馬」など..

歴代受賞作の中から「邦訳されているタイトル」一覧

第68回(2020年) 翻訳部門受賞作

JR上野駅公園口 (河出文庫)
JR上野駅公園口
柳美里 (著)
価格:660円
一九三三年、私は「天皇」と同じ日に生まれた――東京オリンピックの前年、出稼ぎのため上野駅に降り立った男の壮絶な生涯を通じ描かれる、日本の光と闇……居場所を失くしたすべての人へ贈る物語。
アマゾン本

第66回(2018年)

友だち (新潮クレスト・ブックス)
友だち
Sigrid Nunez (原著), シーグリッド ヌーネス (著), 村松 潔 (翻訳)
価格:2,200円
物言わぬ犬の哀しみを抱きとめて、わたしは静かに言葉を紡ぎつづける。誰よりも心許せる初老の男友だちが自殺し、大きな空洞を抱えた女性作家の狭いアパートに、男が飼っていた巨大な老犬が転がり込む。真冬のニューヨーク。
アマゾン本

第65回(2017年)

歌え、葬られぬ者たちよ、歌え
歌え、葬られぬ者たちよ、歌え
Jesmyn Ward (原著), ジェスミン ウォード (著), 石川 由美子 (翻訳)
価格:2,860円
全米図書賞受賞作!アメリカ南部で困難を生き抜く家族の絆の物語であり、臓腑に響く力強いロードノヴェルでありながら、生者ならぬものが跳梁するマジックリアリズム的手法がちりばめられた、壮大で美しく澄みわたる叙事詩。
アマゾン本

第64回(2016年)

地下鉄道 (ハヤカワepi文庫)
地下鉄道
Colson Whitehead (原著), コルソン ホワイトヘッド (著), 谷崎 由依 (翻訳)
価格:1,232円
過酷な境遇を逃れ、自由が待つ北部をめざす奴隷少女コーラ。しかしそのあとを悪名高い奴隷狩り人が追っていた。傑作ついに文庫化
アマゾン本

63回(2015年)

世界と僕のあいだに
世界と僕のあいだに
タナハシ・コーツ (著), Ta-Nehisi Coates (著), 池田 年穂 (翻訳)
価格:2,640円
▼これがお前の国なんだよ。「これがお前の世界なんだよ。これがお前の肉体なんだよ。だからお前は、その状況のなかで生きていく方法を見つけなければならない」
アマゾン本

62回(2014年)

一時帰還
一時帰還
フィル・クレイ (著), 上岡 伸雄 (翻訳)
価格:2,640円
戦場――そこに大義など、ありはしない。戦闘地域の真っ只中だけではない。銃後の日常でも、帰還兵たちは自身の生の極限に直面する。彼らに慰めや癒しを与える、幸福な物語や簡単な答えなど、どこにも存在しない。
アマゾン本



57回(2009年)

世界を回せ 上
世界を回せ
コラム・マッキャン (著), 小山 太一 (翻訳), 宮本 朋子 (翻訳)
価格:2,089円
1974年夏。ニューヨーク。一人の若者が、空に踏み出した。世界貿易センターのツインタワー間で、命綱なしの綱渡り。その奇跡の行動が下界に魔力を及ぼしたかのように地上では、出自も年齢も環境も異なる人々がひそかにつながりはじめる―
アマゾン本

第55回(2007年)

煙の樹 (エクス・リブリス)
煙の樹
デニス ジョンソン (著), Denis Johnson (原著), 藤井 光 (翻訳)
価格:4,180円
< ベトナム戦争 >と戦争という病1963年、ケネディ大統領暗殺がラジオで報じられるシーンから物語は始まる。日本軍の捕虜になった経験をもち、戦争が人生のすべての元米軍大佐サンズと、その甥スキップによる、ベトナム戦争での情報作戦を中心に展開する。
アマゾン本

第54回 (2006年)

エコー・メイカー
エコー・メイカー
リチャード パワーズ (著), Richard Powers (原著), 黒原 敏行 (翻訳)
価格:4,400円
マークが、事故に遭った。カリン・シュルーターはこの世に残ったたった一人の肉親の急を知らせる深夜の電話に、駆り立てられるように故郷へと戻る。カーニー。ネブラスカ州の鶴の町。繁殖地へと渡る無数の鳥たちが羽を休めるプラット川を望む小さな田舎町へと。
アマゾン本

第53回 (2002年)

六月の組曲
六月の組曲
ジュリア グラス (著), Julia Glass (原著), 石山 淳 (翻訳)
価格:2,530円
1989年6月。妻の死後、ポールは思い立ったようにギリシャを訪れる。妻と過ごした半生を振り返り、その思い出を捨て、新たな一歩を踏みだすために。1995年6月。父ポールの死後、フェンノは久しぶりに故郷スコットランドに帰る。
アマゾン本

第52回(2001年)

コレクションズ (上) (ハヤカワepi文庫)
コレクションズ
ジョナサン フランゼン (著), Jonathan Franzen (著), 黒原 敏行 (翻訳)
価格:1,210円
ランバート家の老家長アルフレッドは頑固そのもの。妻イーニッドはなにかと落胆する日々を過ごしている。成人した子供たちの生活も理想通りとはいえない――裕福な銀行員だが妻子と喧嘩ばかりの長男ゲイリー。
アマゾン本

第51回(2000年)

イン・アメリカ
イン・アメリカ
スーザン ソンタグ (著), Susan Sontag (原著), 木幡 和枝 (翻訳)
価格:4,620円
ソンタグによる、フィクションの代表作が遂に邦訳。2000年全米図書賞受賞作。ロシアを逃れたポーランド人女優の数奇な運命。
アマゾン本

第50回(1999年)

待ち暮らし (ハヤカワ・ノヴェルズ)
待ち暮らし
ハ ジン (著), Ha Jin (原著), 土屋 京子 (翻訳)
価格:426円
毎夏、軍医の孔林は妻を離婚しようとして帰省しては失敗していた。妻、淑玉には愛情を感じたことはなく、いまや林は看護婦の呉曼娜を愛している。そのため、離婚を申請しに人民法院へ出向くのだが、淑玉は裁判官の前に立つと最後の最後になって考えを翻すのだった。
アマゾン本

第49回(1998年)

チャーミング・ビリー
チャーミング・ビリー
アリス マクダーモット (著), Alice McDermott (原著), 鴻巣 友季子 (翻訳)
価格:139円
ビリーには誰もが惚れこんだものさ―心やさしく、筆まめな男、気のきいたおしゃべりで周囲を楽しませる陽気な男。第二次世界大戦から帰ってきたビリーといとこのデニスは、ロングアイランドの海辺で、アイルランドからやって来ていた娘エヴァとその姉メアリに出会い、恋に落ちた。
アマゾン本

第48回(1997年)

コールドマウンテン〈上〉 (新潮文庫)
コールドマウンテン
チャールズ フレイジャー (著), Charles Frazier (原著), 土屋 政雄 (翻訳)
南北戦争の末期、負傷した南軍兵士インマンは、収容された病院から脱走―恋人エイダが待つ故郷へ向けて、500キロの徒歩の旅が始まった。多くの危険と困難に遭遇し、誘惑や裏切りの試練にさらされながら、彼が遭遇する様々な出来事、そして人人。
アマゾン本

第44回(1993年)

シッピング・ニュース (集英社文庫)
シッピング・ニュース
E・アニー・プルー (著), 上岡 伸雄 (翻訳)
価格:50円
クオイルは不器用な三十男。三流新聞を解雇され、浮気をし放題の性悪女の女房は事故で死んだ。父母も借金を抱え自殺。彼は人生をやり直すために二人の娘たちと唯一の血縁の叔母を伴い、父祖の地ニューファンドランドへ渡る。
アマゾン本

第43回 (1992年)

すべての美しい馬 (ハヤカワepi文庫)
すべての美しい馬
コーマック マッカーシー (著), Cormac McCarthy (原著), 黒原 敏行 (翻訳)
価格:1,166円
1949年。祖父が死に、愛する牧場が人手に渡ることを知った16歳のジョン・グレイディ・コールは、自分の人生を選びとるために親友ロリンズと愛馬とともにメキシコへ越境した。この荒々しい土地でなら、牧場で馬とともに生きていくことができると考えたのだ。
アマゾン本

 

タイトルとURLをコピーしました