【2022年最新】注目の海外ミステリ小説|最新作、新刊の発売月

注目ミステリ2022

《2022年発売の注目小説》海外ミステリーなど

アンソニー・ホロヴィッツの最新作「殺しへのライン」が発売されています。 2021年英国推理作家協会賞ゴールド・ダガーの「われら闇より天を見る」、2020年英国推理作家協会賞ゴールド・ダガーの「見知らぬ人」の著者エリー・グリフィスの新作「窓辺の愛書家」なども発売されています。

北欧ミステリーアンデシュ・ルースルンドの「三日間の隔絶」、英国推理作家協会賞(CWA)ゴールド・ダガー賞を2年連続受賞したマイケル・ロボサムの「天使の傷」、ホリー・ジャクソンの新作「優等生は探偵に向かない」など、注目の話題作が続々と刊行されています。

【2022年】注目 海外ミステリ新刊

10月発売

1795
1795
ニクラス・ナット・オ・ダーグ (著), ヘレンハルメ 美穂 (翻訳)
価格:1,364円

北欧歴史ミステリー至高の三部作、完結篇!フランス革命の影響は未だ色濃く残り、暴力と奸計が常態化していた1795年のストックホルム。事件を捜索することで立ち直りつつあった戦場帰りの引っ立て屋カルデルと心を病んでいた学生エーミル。

アマゾン本
悪しき正義をつかまえろ ロンドン警視庁内務監察特別捜査班 (ハーパーBOOKS)
悪しき正義をつかまえろ ロンドン警視庁内務監察特別捜査班
ジェフリー アーチャー (著), 戸田 裕之 (翻訳)
価格:1,100円
巨匠アーチャー、警察小説の白眉。スコットランドヤードの刑事ウォーウィックが警察内部に潜む腐敗警官の摘発に挑む!

アマゾン本

 

9月発売

殺しへのライン (創元推理文庫 Mホ 15-7)
殺しへのライン
アンソニー・ホロヴィッツ (著), 山田 蘭 (翻訳)
価格:1,210円

『メインテーマは殺人』の刊行まであと3ヵ月。プロモーションとして、探偵ダニエル・ホーソーンとわたし、作家のアンソニー・ホロヴィッツは、初めて開催される文芸フェスに参加するため、チャンネル諸島のオルダニー島を訪れた。

2022年新刊ミステリ
真夜中の密室
真夜中の密室
ジェフリー・ディーヴァー (著), 池田 真紀子 (翻訳)
価格:2,860円
わが名は〈解錠師〉。いかなる鍵も錠前も僕の敵ではない。名探偵ライム、3年ぶりの新作。ボーン・コレクター、コフィン・ダンサー、ウォッチメイカー、スキン・コレクター、そして……。
2022年新刊ミステリ

 

8月発売

忘れたとは言わせない
忘れたとは言わせない
トーヴェ アルステルダール (著), 染田屋 茂 (翻訳)
価格:2,420円

23年前の凶悪事件の犯人が戻ってきた日、事件は起きた。スウェーデン推理小説アカデミー最優秀ミステリ賞、スカンジナヴィア推理作家協会「ガラスの鍵」賞W受賞作。米TVシリーズ化決定!

2022年新刊ミステリ
われら闇より天を見る
われら闇より天を見る
クリス・ウィタカー (著), 鈴木 恵 (翻訳)
自称「無法者」の少女ダッチェスと、過去に囚われた警察署長ウォーク。彼女たちの町に、かつての事件の加害者ヴィンセントが帰ってくる。彼の帰還はかりそめの平穏を乱しダッチェスとウォークを巻き込んでいく。そして、新たな悲劇が起こり…
2022年新刊ミステリ
窓辺の愛書家 (創元推理文庫 Mク 28-2)
窓辺の愛書家
エリー・グリフィス (著), 上條 ひろみ (翻訳)
価格:1,210円
本好きの老婦人ペギーが死んだ。彼女は「殺人コンサルタント」を名乗り、数多くの推理作家の執筆に協力していた。死因は心臓発作だが、介護士のナタルカは不審に思い、刑事ハービンダーに相談しつつ友人二人と真相を探りはじめる。
2022年新刊ミステリ
被疑者アンデルセンの逃亡 (上) (竹書房文庫 か 19-1)
被疑者アンデルセンの逃亡
A.J.カジンスキー (著), トーマス・リュダール (著), & 2 その他
価格:1,100円
猟奇殺人の汚名を着せられたアンデルセンが真犯人を捜し、コペンハーゲンを駆ける。“空白の一年半”に隠された童話作家誕生の秘密。
2022年新刊ミステリ
邪悪催眠師 (ハーパーBOOKS)

邪悪催眠師

周 浩暉 (著), 阿井 幸作 (翻訳)
価格:1,320円
ネット上で予告された、奇妙な連続怪死事件。生死を操る“催眠師”の正体とは――。本国でシリーズ累計120万部を突破した『死亡通知書 暗黒者』の前日譚。中国発、警察小説!龍州市で怪事件が発生した。
2022年新刊ミステリ
魔術師の匣 上 (文春文庫 レ 6-1)
魔術師の匣
カミラ・レックバリ (著), ヘンリック・フェキセウス (著), 富山クラーソン陽子 (翻訳)
生きづらさを抱えた女性刑事と男性奇術師が連続殺人に挑む。売上累計三千万部の女王が最強メンタリストとのタッグで贈る新シリーズ!
2022年新刊ミステリ

7月発売

優等生は探偵に向かない (創元推理文庫 Mシ 17-2)
優等生は探偵に向かない
ホリー・ジャクソン (著), 服部 京子 (翻訳)
価格:1,430円
友人の兄ジェイミーが失踪し、高校生のピップは調査を依頼される。警察は事件性がないとして取り合ってくれず、ピップは仕方なく関係者にインタビューをはじめる。
2022年新刊ミステリ
ロンドン・アイの謎
ロンドン・アイの謎
シヴォーン・ダウド (著), 越前 敏弥 (翻訳)
価格:2,090円
12歳のテッドは、姉といとこのサリムと観覧車ロンドン・アイに乗りにでかけた。見知らぬ男がチケットを1枚だけくれたので、サリムは大勢の乗客と一緒に観覧車のカプセルに乗りこんだ。だがカプセルが一周しても、サリムは降りてこなかった。
2022年新刊ミステリ
ローズ・コード (ハーパーBOOKS)

ローズ・コード

ケイト クイン (著), 加藤 洋子 (翻訳)
価格:1,480円
政府暗号学校に潜む裏切り者は誰なのか――。
第二次大戦下の英国で暗号解読に挑む女たちがいた。本の雑誌が選ぶ2019年度文庫ベストテン第1位(本の雑誌増刊『おすすめ文庫王国2020』)
『戦場のアリス』著者が放つ最新作!
2022年新刊ミステリ

6月発売

ポリス・アット・ザ・ステーション (ハヤカワ・ミステリ文庫 HMマ 16-8)
ポリス・アット・ザ・ステーション
エイドリアン・マッキンティ (著), 武藤 陽生 (翻訳)
価格:1,650円
クロスボウで射殺された麻薬密売人。事件の裏には北アイルランドを揺るがす秘密があった。ショーンは捜査中、IRAに襲われ……
2022年新刊ミステリ
裏切り 上 (創元推理文庫 Mリ 7-5)
裏切り
シャルロッテ・リンク (著), 浅井 晶子 (翻訳)
価格:1,320円
スコットランド・ヤードの女性刑事ケイト・リンヴィルが休暇を取り、生家のあるヨークシャーに戻ってきたのは、父親でヨークシャー警察元警部・リチャードが惨殺されたためだった。
海外ミステリ2022

5月発売

業火の市 (ハーパーBOOKS)
業火の市(まち)
ドン ウィンズロウ (著), 田口 俊樹 (翻訳)
価格:1,440円
海外ミステリ2022
三日間の隔絶 上 (ハヤカワ・ミステリ文庫 HMル 6-13)
三日間の隔絶
アンデシュ・ルースルンド (著), 井上 舞 (翻訳), 下倉 亮一 (翻訳)
価格:1,144円
17年前に起きた一家惨殺事件と、ピート・ホフマンの元へ届いた謎の脅迫状とのつながりとは。グレーンス警部が事件を解き明かす。
海外ミステリ2022
印
アーナルデュル・インドリダソン (著), 柳沢 由実子 (翻訳)
価格:2,200円
彼女は湖のほとりのサマーハウスで首をつっているのを発見された。夫によると数年前に親密だった母親を病で失い、以来精神的に不安定になっていたという。
海外ミステリ2022
壊れた世界で彼は (創元推理文庫 Mヘ 20-2)
壊れた世界で彼は
フィン・ベル (著), 安達 眞弓 (翻訳)
価格:1,144円
真夜中、小さな町で立てこもり事件が発生した。一般家庭に銃を持った男数名が侵入したという。刑事ニックが現場に到着すると、家から大音量で音楽が流れ、爆発音が続いた。狙撃班が銃弾を浴びせ、機動隊が突入し、妻と娘たちを救出。
海外ミステリ2022
ボンベイのシャーロック (HAYAKAWA POCKET MYSTERY BOOKS No. 1)
ボンベイのシャーロック
ネヴ マーチ (著), 高山 真由美 (翻訳)
価格:2,970円
1892年インド、ボンベイ。騎兵連隊を除隊し病院で療養生活を送っていたジム・アグニホトリは、二人の女性がボンベイにある時計塔から転落死した事件の記事を見つける。
海外ミステリ2022

4月発売

辮髪のシャーロック・ホームズ 神探福邇の事件簿
辮髪のシャーロック・ホームズ 神探福邇の事件簿
莫理斯 (トレヴァー モリス) (著), 舩山 むつみ (翻訳)
価格:2,200円
19世紀の偉大なる名探偵シャーロック・ホームズがもし、ビクトリア朝時代の英国人ではなく、清末の時代に生きた中国人だったとしたら……。そして、彼が奇妙な事件を次々に解決したのが大英帝国の首都ロンドンではなく、東の果ての植民地香港だったら……。
海外ミステリ2022
フルスロットル トラブル・イン・マインドI (文春文庫)
フルスロットル トラブル・イン・マインド I
ジェフリー・ディーヴァー (著), 池田 真紀子 (翻訳)
価格:1,320円
ドンデン返しの魔術師、第三短編集。ライム、ダンス、ペラム総出演の豪華上下巻、まずはI巻が降臨です!看板シリーズの長編はもとより、短編の名手でもあるディーヴァー。
海外ミステリ2022
捜索者 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
捜索者
タナ・フレンチ (著), 北野 寿美枝 (翻訳)
価格:1,782円
アイルランドの村に移住してきた元警官は消えた青年を捜すが――緻密な描写で年間ベストミステリに多数入選した重厚なる犯罪小説。
海外ミステリ2022

3月発売

悪い弁護士は死んだ 上 (創元推理文庫 M ヘ 19-5)
悪い弁護士は死んだ
レイフ・GW・ペーション (著), 久山 葉子 (翻訳)
価格:1,210円
その日はベックストレーム警部にとって人生最良の日だった。マフィアお抱え弁護士として警察を悩ませてきたエリクソンが死体で発見されたのだ。
海外ミステリ2022
天使の傷 上 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
天使の傷
マイケル・ロボサム (著), 越前 敏弥 (翻訳)
価格:1,210円
元刑事の死を追う心理士のサイラス。そして明らかになるイーヴィの過去とは? 英国推理作家協会賞を連続受賞したシリーズ第二作
海外ミステリ2022
警部ヴィスティング 悪意 (小学館文庫 ホ 2-3)
 [悪意] 警部ヴィスティング
ヨルン・リーエル・ホルスト (著), 吉田 薫 (翻訳)
価格:1,166円

英訳北欧ミステリ最高賞受賞作、第3弾!2021年「このミステリーがすごい!」海外編第7位、2019年英訳北欧ミステリ最高賞「ペトローナ賞」受賞の、国内外で大人気のミステリ「警部ヴィスティング コールドケース・シリーズ」第3弾をお届けする。

海外ミステリ2022
ブルックリンの死 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
ブルックリンの死
アリッサ・コール (著), 唐木田 めぐみ (翻訳)
価格:1,408円
アメリカ探偵作家クラブ賞(エドガー賞)最優秀ペイパーバック賞 受賞ストランド・マガジン批評家賞最優秀新人賞 受賞褐色砂岩の由緒ある住宅が並ぶブルックリンの一角。
海外ミステリ2022
英国屋敷の二通の遺書 (創元推理文庫 M ラ 12-1)
英国屋敷の二通の遺書
R・V・ラーム (著), 法村 里絵 (翻訳)
価格:1,298円
英国人が建築し、代々の主が非業の死を遂げたグレイブルック荘。数々の事件を解決した元警官のアスレヤは、財産家の主バスカーに請われて屋敷を訪れた。
海外ミステリ2022

2月発売

名探偵と海の悪魔
名探偵と海の悪魔
スチュアート・タートン (著), 三角 和代 (翻訳)
価格:2,750円
英国推理作家協会スチール・ダガー賞候補英国歴史作家協会ゴールド・クラウン賞候補呪われた帆船で連続する怪事件は悪魔の仕業か?海洋冒険+怪奇小説+不可能犯罪。
海外ミステリ2022
阿片窟の死 ウィンダム警部&バネルジー部長刑事 (ハヤカワ・ミステリ)
阿片窟の死 [Kindle版]
アビール ムカジー (著), 田村 義進 (翻訳) 形式: Kindle版
価格:2,750円
1921年の独立の気運高まる英領インド。帝国警察のウィンダム警部が阿片窟で目撃した眼球のない刺殺体が消えた。英皇太子の訪問を前にカルカッタに厳戒態勢が敷かれるなか、街では同様の変死事件が。
海外ミステリ2022
平凡すぎて殺される (創元推理文庫 M マ 30-1)
平凡すぎて殺される
クイーム・マクドネル (著), 青木 悦子 (翻訳)
価格:1,400円
「このミステリ、面白すぎる!!」――翻訳者・編集者・校正者人違いがきっかけで命を狙われた青年の運命は?読み出したら止まらないノンストップ・ミステリ28歳のポールの特徴は“平凡すぎる”顔だ。
海外ミステリ2022

1月発売

塩の湿地に消えゆく前に (ハヤカワ・ミステリ)
塩の湿地に消えゆく前に [Kindle版]
ケイトリン マレン (著), 国弘 喜美代 (翻訳) 形式: Kindle版
価格:2,090円
他人の強い思いをビジョンとして視ることのできる少女クララは、ある日を境に若い女たちが傷つけられる不吉なビジョンを頻繁に視るようになる。カジノのスパ施設で働くリリーの協力を得て彼女たちを救おうとするが……。
海外ミステリ2022
アリスが語らないことは (創元推理文庫 M ス 16-3)
アリスが語らないことは
ピーター・スワンソン (著), 務台 夏子 (翻訳) 形式: Kindle版
価格:1,080円
ミステリにとてつもない衝撃を求める、あなたへ。
予測不可能なこれぞサスペンス!〈このミステリーがすごい!〉海外編第2位『そしてミランダを殺す』の著者が贈る最高傑作!
海外ミステリ2022

 

タイトルとURLをコピーしました