「村上春樹」作品が電子書籍化!?Kindle(キンドルストア)で人気のタイトル一覧

村上春樹小説

《村上春樹 作品集》

純文学の帝王「村上春樹」作品のKindle化された人気タイトルをまとめています。

「騎士団長殺し」「ねじまき鳥クロニクル」「ノルウェイの森」「アフターダーク」など

〈村上春樹〉作品一覧

騎士団長殺し(第1部~第2部)合本版(新潮文庫)
騎士団長殺し(第1部~第2部)合本版 [Kindle版]
村上春樹 (著) 形式: Kindle版
価格:2,508円
一枚の絵が、秘密の扉を開ける――妻と別離し、小田原の海を望む小暗い森の山荘に暮らす36歳の孤独な画家。
アマゾン本
1Q84(BOOK1~3)合本版(新潮文庫)
1Q84(BOOK1~3)合本版 [Kindle版]
村上春樹 (著) 形式: Kindle版
価格:4,114円
1Q84年──私はこの新しい世界をそのように呼ぶことにしよう、青豆はそう決めた。Qはquestion markのQだ。疑問を背負ったもの。
アマゾン本
ねじまき鳥クロニクル(第1部~第3部)合本版(新潮文庫)
ねじまき鳥クロニクル(第1部~第3部)合本版 [Kindle版]
村上春樹 (著) 形式: Kindle版
価格:2,607円
「人が死ぬのって、素敵よね」彼女は僕のすぐ耳もとでしゃべっていたので、その言葉はあたたかい湿った息と一緒に僕の体内にそっともぐりこんできた。
アマゾン本
海辺のカフカ(上下)合本版(新潮文庫)
海辺のカフカ(上下)合本版 [Kindle版]
村上春樹 (著) 形式: Kindle版
価格:1,815円
「君はこれから世界でいちばんタフな15歳の少年になる」――15歳の誕生日がやってきたとき、僕は家を出て遠くの知らない街に行き、小さな図書館の片隅で暮らすようになった。
アマゾン本
ノルウェイの森 (講談社文庫)
ノルウェイの森  [Kindle版]
村上春樹 (著) 形式: Kindle版
価格:1,232円
十八年という歳月が流れ去ってしまった今でも、僕はあの草原の風景をはっきりと思い出すことができる――。
アマゾン本
女のいない男たち (文春文庫)
女のいない男たち  [Kindle版]
村上春樹 (著) 形式: Kindle版
価格:713円
舞台俳優・家福をさいなみ続ける亡き妻の記憶。彼女はなぜあの男と関係したのかを追う「ドライブ・マイ・カー」。
アマゾン本
1973年のピンボール (講談社文庫)
1973年のピンボール [Kindle版]
村上春樹 (著) 形式: Kindle版
価格:550円
「電灯のスイッチを切って扉を後ろ手に閉めるまでの長い時間、僕は後ろを振り向かなかった。一度も振り向かなかった」
アマゾン本
猫を棄てる 父親について語るとき (文春e-book)
猫を棄てる 父親について語るとき  [Kindle版]
村上 春樹 (著) 形式: Kindle版
価格:1,200円

時が忘れさせるものがあり、そして時が呼び起こすものがあるある夏の日、僕は父親と一緒に猫を海岸に棄てに行った。

アマゾン本
アフターダーク (講談社文庫)
アフターダーク  [Kindle版]
村上春樹 (著) 形式: Kindle版
価格:704円
「エリは今、眠っているのよ」とマリは打ち明けるように言う。「とても深く」「みんなもう眠ってるよ、今の時間は」「そうじゃなくて」とマリは言う。
アマゾン本
走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)
走ることについて語るときに僕の語ること [Kindle版]
村上春樹 (著) 形式: Kindle版
価格:570円
走ることについて語りつつ、小説家としてのありよう、創作の秘密、そして「彼自身」を初めて説き明かした画期的なメモワール。
アマゾン本
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 [Kindle版]
村上春樹 (著) 形式: Kindle版
価格:794円
多崎つくる、鉄道の駅をつくるのが仕事。名古屋での高校時代、四人の男女の親友と完璧な調和を成す関係を結んでいたが、大学時代のある日突然、四人から絶縁を申し渡された。
アマゾン本
国境の南、太陽の西 (講談社文庫)
国境の南、太陽の西  [Kindle版]
村上春樹 (著) 形式: Kindle版
価格:660円
あの日なら、僕はすべてを捨ててしまうことができた。仕事も家庭も金も、何もかもをあっさりと捨ててしまえた。――
アマゾン本
スプートニクの恋人 (講談社文庫)
スプートニクの恋人  [Kindle版]
村上春樹 (著) 形式: Kindle版
価格:704円
「すみれがぼくにとってどれほど大事な、かけがえのない存在であったかということが、あらためて理解できた。すみれは彼女にしかできないやりかたで、ぼくをこの世につなぎ止めていたのだ」
アマゾン本
東京奇譚集(新潮文庫)
東京奇譚集 [Kindle版]
村上春樹 (著) 形式: Kindle版
価格:515円
肉親の失踪、理不尽な死別、名前の忘却……。大切なものを突然に奪われた人々が、都会の片隅で迷い込んだのは、偶然と驚きにみちた世界だった。
アマゾン本

【有名作家の作品ページ】

タイトルとURLをコピーしました