2020年下半期【芥川・直木賞】受賞作!?最終候補作と過去(歴代)の受賞作も

芥川直木賞2021

第164回(2020年下半期)の芥川賞・直木賞が発表されました。

最終候補作と過去の受賞作を掲載しています。

「少年と犬」「コンビニ人間」「熱源」「火花」など..

芥川賞受賞作

推し、燃ゆ
推し、燃ゆ
宇佐見りん (著)
価格:1,386円
逃避でも依存でもない、推しは私の背骨だ。アイドル上野真幸を“解釈”することに心血を注ぐあかり。ある日突然、推しが炎上し――。デビュー作『かか』が三島賞候補の21歳、圧巻の第二作。
アマゾン本

直木賞受賞作

心淋し川
心淋し川
西條 奈加 (著)
価格:1,760円
【第164回直木賞候補作】「誰の心にも淀みはある。でも、それが人ってもんでね」江戸、千駄木町の一角は心町(うらまち)と呼ばれ、そこには「心淋し川(うらさびしがわ)」と呼ばれる小さく淀んだ川が流れていた。
アマゾン本

 

【2021年芥川賞】最終候補(ノミネート)作品

コンジュジ (集英社文芸単行本)
コンジュジ
木崎みつ子 (著)
価格:1,540円
二度も手首を切った父、我が子の誕生日に家を出て行った母。小学生のせれなは、独り、あまりに過酷な現実を生きている。寄る辺ない絶望のなか、忘れもしない1993年9月2日未明、彼女の人生に舞い降りたのは、伝説のロックスター・リアン。その美しい人は、せれなの生きる理由のすべてとなって……。
アマゾン本
旅する練習
旅する練習
乗代雄介 (著)
価格:1,375円
第164回芥川賞候補作小説家で、人気(ひとけ)のない風景を描写するのが趣味の私。サッカー少女で、中学入学を前にした姪の亜美。2020年3月、コロナ禍で予定がなくなった春休み、利根川の堤防道をたどり、千葉の我孫子からアントラーズの本拠地まで。
アマゾン本
母影
母影
尾崎世界観 (著)
価格:1,287円
行き場のない少女は、カーテン越しに世界に触れる。デビュー作『祐介』以来、4年半ぶり初の純文学作品。小学校でも友だちをつくれず、居場所のない少女は、母親の勤めるマッサージ店の片隅で息を潜めている。お客さんの「こわれたところを直している」お母さんは、日に日に苦しそうになっていく。
アマゾン本
小隊
小隊
砂川文次(著)
価格:1,650円
第164回芥川賞候補作。元自衛官の新鋭作家が、日本人のいまだ知らない「戦場」のリアルを描き切った衝撃作。北海道にロシア軍が上陸、日本は第二次大戦後初の「地上戦」を経験することになった。
アマゾン本

 

【2021年直木賞】最終候補(ノミネート)作品

汚れた手をそこで拭かない (文春e-book)
汚れた手をそこで拭かない
芦沢 央 (著)
価格:1,650円 1,500円
平穏に夏休みを終えたい小学校教諭、認知症の妻を傷つけたくない夫。元不倫相手を見返したい料理研究家……始まりは、ささやかな秘密。
アマゾン本
八月の銀の雪
八月の銀の雪
伊与原新 (著)
価格:1,584円
不愛想で手際が悪い――。コンビニのベトナム人店員グエンが、就活連敗中の理系大学生、堀川に見せた真の姿とは(「八月の銀の雪」)。会社を辞め、一人旅をしていた辰朗は、凧を揚げる初老の男に出会う。
アマゾン本
オルタネート
オルタネート
加藤シゲアキ (著)
価格:1,815円
第164回直木賞候補作品誰しもが恋い焦がれた青春の普遍を、真っ向から描ききる。加藤シゲアキ、これが新たな代表作。高校生限定のマッチングアプリ「オルタネート」が必須となった現代。
アマゾン本
インビジブル (文春e-book)
インビジブル
坂上 泉 (著)
価格:1,980円 1,800円
昭和29年、大阪を襲った連続猟奇殺人事件。中卒叩き上げと帝大卒エリートの二人の刑事が手を組んで事件の真相に迫る!昭和29年、大阪城付近で政治家秘書が頭を麻袋で覆われた刺殺体となって見つかる。
アマゾン本
アンダードッグス (角川書店単行本)
アンダードッグス
長浦 京 (著)
価格:2,035円 1,832円
1997年、中国返還前夜の香港に隠された国家機密を奪取せよ!世界の諜報機関を敵に回し、“負け犬たち”の知略を駆使した反撃が始まる!◆2016年『リボルバー・リリー』第19回大藪春彦賞受賞、このミステリーがすごい! 第6位、ミステリが読みたい! 第3位
アマゾン本

 

過去の芥川・直木賞受賞作!?

【第163回 直木賞受賞作】少年と犬 (文春e-book)
少年と犬
馳 星周 (著)
価格:1,760円 1,599円
【第163回直木賞 受賞作】傷つき、悩み、惑う人びとに寄り添っていたのは、一匹の犬だった――。犬を愛するすべての人に捧げる感涙作!2011年秋、仙台。震災で職を失った和正は、認知症の母とその母を介護する姉の生活を支えようと、犯罪まがいの仕事をしていた。
アマゾン本
コンビニ人間 (文春文庫)
コンビニ人間
村田 沙耶香 (著)
価格:638円 631円
「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う第155回芥川賞受賞作36歳未婚、彼氏なし。コンビニのバイト歴18年目の古倉恵子。日々コンビニ食を食べ、夢の中でもレジを打ち、「店員」でいるときのみ世界の歯車になれる――。
アマゾン本
首里の馬
首里と馬
高山羽根子 (著)
価格:1,238円
第163回 芥川賞受賞作沖縄の古びた郷土資料館に眠る数多の記録。中学生の頃から資料の整理を手伝っている未名子は、世界の果ての遠く隔たった場所にいるひとたちにオンライン通話でクイズを出題するオペレーターの仕事をしていた。
アマゾン本
蜜蜂と遠雷(上) (幻冬舎文庫)
蜜蜂と遠雷
恩田陸 (著)
価格:803円 687円
近年その覇者が音楽界の寵児となる芳ヶ江国際ピアノコンクール。自宅に楽器を持たない少年・風間塵16歳。かつて天才少女としてデビューしながら突然の母の死以来、弾けなくなった栄伝亜夜20歳。
アマゾン本
【第162回 直木賞受賞作】熱源 (文春e-book)
熱源
川越 宗一 (著)
価格:2,035円
【第162回 直木賞受賞作】降りかかる理不尽は「文明」を名乗っていた。樺太アイヌの闘いと冒険を描く前代未聞の傑作!樺太(サハリン)で生まれたアイヌ、ヤヨマネクフ。
アマゾン本
火花 (文春文庫)
火花
又吉直樹 (著)
価格:660円 509円
NHKでドラマ放送スタート!(出演・林遣都、波岡一喜、門脇麦)第一五三回芥川賞を受賞し、二〇一五年の話題をさらった「火花」が文庫化。
受賞記念エッセイ「芥川龍之介への手紙」を併録。
アマゾン本
宝島
宝島
真藤順丈 (著)
価格:2,035円 1,650円
第160回直木賞受賞! 希望を祈るな。立ち上がり、走り出せ。愛は囁くな。大声で叫び、歌い上げろ。信じよう。仲間との絆を、恋人との愛を。美しい海を、熱を、人間の力を。あらすじ/英雄を失った島に、新たな魂が立ち上がる。
アマゾン本
2021年注目・人気の【英国ミステリー小説】
TV(テレビ)ドラマ化されている《原作マンガ》2021年(秋)
年末人気マンガ【レビュー評価高いタイトル】
年末ランキングなど【ブックガイド】の雑誌(マガジン)一覧
《世界情勢・社会学・ジャーナリスト》の高評価本まとめ
タイトルとURLをコピーしました