Kindle【無料本】一覧|古典的な名作が豊富

海外文学名作

Kindle電子書籍の【無料本】をまとめています。

日本の古典的な名作小説を中心に掲載しています。全て無料

「羅生門」「人間失格」「吾輩は猫である」「蟹工船」など..

キンドルストア

【無料】電子書籍一覧

羅生門
羅生門
芥川 竜之介 (著)
価格:0円
大正期に活躍した「新思潮派」の作家、芥川竜之介の代表的な短編小説。初出は「帝国文学」[1915(大正4)年]。短編集「羅生門」[阿蘭陀書房、1917(大正6)年]に収録。
アマゾン本
蜘蛛の糸
蜘蛛の糸
芥川 竜之介 (著)
価格:0円
大正期に活躍した「新思潮派」の作家、芥川竜之介の代表的な短編小説。初出は「赤い鳥」[鈴木三重吉主宰、1918(大正7)年]。短編集「傀儡師」[新潮社、1919(大正8)年]に収録。全3章。
アマゾン本
藪の中
藪の中
芥川 竜之介 (著)
価格:0円
大正期に活躍した「新思潮派」の作家、芥川竜之介の代表的な短編小説。初出は「新潮」[1922(大正11)年]。短編集「将軍」[新潮社、1922(大正11)年]に収録。
アマゾン本
杜子春
杜子春
芥川 竜之介 (著)
価格:0円
大正期に活躍した「新思潮派」の作家、芥川竜之介の代表的な童話。初出は「赤い鳥」[鈴木三重吉主宰、1920(大正9)年]。短編集「夜来の花」[新潮社、1921(大正10)年]に収録。
アマゾン本
走れメロス
走れメロス
太宰 治 (著)
価格:0円
「無頼派」「新戯作派」の破滅型作家を代表する昭和初期の小説家、太宰治の短編小説。初出は「新潮」[1940(昭和15)年]。「邪智暴虐の王」への人質として差し出した友人・セリヌンティウスの信頼に報いるために、メロスがひたすら走り続けるという作品。
アマゾン本
富嶽百景
富嶽百景
太宰 治 (著)
価格:0円
「無頼派」「新戯作派」の破滅型作家を代表する昭和初期の小説家、太宰治による代表作のひとつ。初出は「文化」[1939(昭和14)年]。東京での生活に傷ついた「私」が井伏氏の待つ富士山麓へと行くという物語。
アマゾン本
パンドラの匣
パンドラの匣
太宰 治 (著)
価格:0円
「無頼派」「新戯作派」の破滅型作家を代表する昭和初期の小説家、太宰治の作品。初出は「河北新報」[1945(昭和20)年~1946(昭和21)年]。
アマゾン本
吾輩は猫である
吾輩は猫である
夏目 漱石 (著)
価格:0円
明治期の文学者、夏目漱石の最初の長編小説。初出は「ホトトギス」[1905(明治38)年?1906(明治39)年]。1905年10月上篇が刊行されると20日間で売り切れたという。
アマゾン本
こころ
こころ
夏目 漱石 (著)
価格:0円
明治期の文学者、夏目漱石の長編小説。「東京朝日新聞」「大阪朝日新聞」[1914(大正3)年]。「先生と私」「両親と私」「先生と遺書」の3部からなる晩年の傑作。親友Kを裏切って好きな女性と結婚した罪を負う先生の行く末には絶望と死しかない。
アマゾン本
坊っちゃん
坊っちゃん
夏目 漱石 (著)
価格:0円
明治期の文学者、夏目漱石の中編小説。初出は「ホトトギス」[1906(明治39)年4月。
アマゾン本
三四郎
三四郎
夏目 漱石 (著)
価格:0円
明治期の文学者、夏目漱石の長編小説。初出は「東京朝日新聞」「大阪朝日新聞」[1909(明治42)年]。続いて書かれた「それから」「門」とあわせて前期三部作とされる。
アマゾン本
蟹工船
蟹工船
小林 多喜二 (著)
価格:0円
日本のプロレタリア文学の代表的な作家である小林多喜二による最も著名な小説。初出は「戦旗」[1929(昭和4)年]。蟹工船の内部で、酷薄な労働条件に苦しむ労働者群が、集団として自覚し団結、闘争に立ち上がるまでを描く。
アマゾン本
学問のすすめ
学問のすすめ
福沢 諭吉 (著)
価格:0円
近代日本の代表的な啓蒙思想家、教育者である福沢諭吉の最も代表的な著作。初編は1872(明治5)年に刊行したが大変な評判を受けシリーズ化、1876(明治9)年の第17編まで刊行され、当時としては驚異的な大ベストセラーとなった。
アマゾン本
ドグラ・マグラ
ドグラ・マグラ
夢野 久作 (著)
価格:0円
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。
アマゾン本
三国志 01 序
三国志 01 序
吉川 英治 (著)
価格:0円
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。
アマゾン本
セロ弾きのゴーシュ
セロ弾きのゴーシュ
宮沢 賢治 (著)
価格:0円
大正~昭和期の童話作家、詩人である宮沢賢治の短編童話。生前未発表。ゴーシュは、楽団のセロ弾きだが、あまり上手くなかった。一人で、間近に迫った音楽会の猛練習をしていると、様々な動物が訪れた。ゴーシュは、彼らとの関わりによって成功した。しかしそこには一抹の後悔もあった。
アマゾン本
チベット旅行記
チベット旅行記
河口 慧海 (著)
価格:0円
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。
アマゾン本

【無料電子書籍】の「海外文学」もまとめています。

 

タイトルとURLをコピーしました