【アメリカ探偵作家クラブ(エドガー)賞】の受賞作一覧!歴代の受賞作

エドガー賞

《アメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞》の歴代受賞作

通称:エドガー賞とも呼ばれるアメリカのミステリー・推理・探偵小説などに贈られる賞です。

「ブート・バザールの少年探偵」「天使と嘘」「ブルーバード、ブルーバード」「ミスター・メルセデス」など

エドガー(アメリカ探偵作家クラブ)賞 受賞タイトル

2021年 受賞作

ブート・バザールの少年探偵 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
ブート・バザールの少年探偵
ディーパ・アーナパーラ (著), 坂本 あおい (翻訳)
価格:1,408円
【2021年度アメリカ探偵作家クラブ賞 最優秀長篇賞受賞作! 】インドのスラムに住む、刑事ドラマ好きの九歳の少年ジャイ。ある日クラスメイトが行方不明になるが、学校の先生は深刻にとらえず警察は賄賂無しには捜査に乗り出さない。
アマゾン本

2020年 受賞作

天使と嘘 上 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
天使と嘘 上
マイケル ロボサム (著), 越前 敏弥 (翻訳)
価格:1,210円
英語圏ミステリの頂点、英国推理作家協会賞最優秀長篇賞ゴールド・ダガー受賞!嘘を見破る能力を持つ少女と、秘めた過去を持つ心理士が、混迷極まる殺人事件に挑む。新シリーズここに開幕!
アマゾン本

新人賞

ミラクル・クリーク (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
ミラクル・クリーク
Angie Kim (原著), アンジー キム (著), 服部 京子 (翻訳)
価格:2,420円
郊外の町ミラクル・クリークの治療施設で火災が発生し、二名が命を落とした。1年後、はじまった裁判は、施設の経営者一家、その患者、関係者たちの秘密を明らかにする……。
アマゾン本

新人賞ノミネート

刑事失格 (ハヤカワ・ミステリ文庫 マ 18-1)
刑事失格
ジョン・マクマホン (著), 恒川 正志 (翻訳)
価格:1,210円
人種差別主義者と黒人少年が殺害された。心に傷を負った刑事、マーシュは二つの事件を追うことに。二転三転する捜査の行方は――?
アマゾン本

オリジナル・ペーパーバック

ホテル・ネヴァーシンク (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
ホテル・ネヴァーシンク
Adam O’Fallon Price (原著), アダム・オファロン プライス (著), 青木 純子 (翻訳)
価格:2,090円
ニューヨーク州の山地にそびえ立つホテル・ネヴァーシンク。大統領も宿泊に来る人気ホテルだが、子どもが行方不明になる事件がたびたび発生していた。どうやら経営者一族の抱える秘密が関わっているらしい。洋館ホテルを舞台に展開するミステリと家族の年代記
アマゾン本

2019年 受賞作

流れは、いつか海へと (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
流れは、いつか海へと
Walter Mosley (原著), ウォルター モズリイ (著)
価格:2,090円
身に覚えのない罪を着せられて、ニューヨーク市警を馘になった刑事。十年後、私立探偵となった彼は、かつての自分と同じように冤罪で苦しむジャーナリストの事件を引き受ける。一方、自身の事件についても新たな事実が浮上し……エドガー賞受賞の傑作ミステリ
アマゾン本

2018年 受賞作

ブルーバード、ブルーバード (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
ブルーバード、ブルーバード
アッティカ ロック (著), Attica Locke (著)
価格:1,980円
テキサス州のハイウェイ沿いの田舎町で、ふたつの死体があいついで発見された。都会から訪れていた黒人男性弁護士と、地元の白人女性の遺体だ。
アマゾン本

2017年 受賞作

晩夏の墜落 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
晩夏の墜落
ノア・ホーリー (著), 川副 智子 (翻訳)
価格:2,420円
2017年アメリカ探偵作家クラブ賞(エドガー賞)最優秀長篇賞賞受賞ハヤカワ・ミステリ版&文庫版同時発売霧にけぶる八月の海にプライベート・ジェット機が墜落した。
アマゾン本

2016年 受賞作

地中の記憶 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
地中の記憶
ローリー ロイ (著), Lori Roy (著), 佐々田 雅子 (翻訳)
価格:1,980円
アメリカ探偵作家クラブ賞(エドガー賞)最優秀長篇賞受賞! ジョン・ハート、ウィリアム・ケント・クルーガー絶賛。15歳と半年を迎える深夜、長年反目してきた隣家の土地に忍び込んだアニー。
アマゾン本

2015年 受賞作

ミスター・メルセデス 上
ミスター・メルセデス 上
スティーヴン・キング (著), 白石 朗 (翻訳)
価格:650円
車を暴走させて八人の命を奪って消えた殺人犯。いま退職刑事の元にそいつからの挑戦状が。異常殺人犯と不屈の男の対決がはじまる!
アマゾン本

2014年 受賞作

ありふれた祈り (ハヤカワ・ミステリ文庫)
ありふれた祈り
ウィリアム・ケント・クルーガー (著), 宇佐川晶子 (翻訳)
価格:1,166円
1961年、ミネソタ州の田舎町。13歳のフランクは、牧師の父と芸術家肌の母、音楽の才能がある姉や聡明な弟とともに暮らしていた。ある夏の日、思いがけない悲劇が家族を襲い穏やかだった日々は一転する。
アマゾン本

2013年 受賞作

夜に生きる 〔ハヤカワ・ミステリ1869〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
夜に生きる
デニス・ルヘイン (著), 加賀山卓朗 (翻訳)
価格:1,980円
【アメリカ探偵作家クラブ賞(エドガー賞)最優秀長篇賞受賞 『ミスティック・リバー』の巨匠がアメリカ裏面史を描く大作 】 禁酒法時代末期のボストン。
アマゾン本

2012年 受賞作

喪失〔ハヤカワ・ミステリ1866〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
喪失
モー・ヘイダー (著), 北野寿美枝 (翻訳)
価格:2,090円
【アメリカ探偵作家クラブ賞(エドガー賞)最優秀長篇賞受賞! 】 当初は単純な窃盗と思われたカージャック事件。だが強奪された車の後部座席に乗っていたはずの少女はいっこうに発見されない。
アマゾン本

2011年 受賞作

解錠師 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
解錠師
スティーヴ・ハミルトン (著), 越前敏弥 (翻訳)
価格:1,034円
このミステリーがすごい! 2013海外編週刊文春海外ミステリーベストテン海外部門第1位八歳の時にある出来事から言葉を失ってしまったマイク。だが彼には才能があった。
アマゾン本
【関連記事】
タイトルとURLをコピーしました