【2022年最新】おすすめ推理小説「インビジブル」「特許やぶりの女王」など

おすすめ推理小説

推理小説のおすすめをまとめています。

推理小説の賞などを受賞している作品を中心に掲載しています。

「インビジブル 」「ヨルガオ殺人事件」「見知らぬ人」「特許やぶりの女王 弁理士・大鳳未来」など

おすすめ推理小説

日本推理作家協会賞 大賞

2021年 受賞作

インビジブル
インビジブル
坂上 泉 (著)
価格:1,980円
【昭和29年、大阪を襲う連続猟奇殺人】デビュー作『へぼ侍』が松本清張賞、日本歴史時代作家協会賞新人賞の二冠!実在した「大阪市警視庁」を舞台に新鋭が放つ戦後史×警察サスペンス【あらすじ】昭和29年、大阪城付近で政治家秘書が頭に麻袋を巻かれた刺殺体となって見つかる。
アマゾン本
蝉かえる (ミステリ・フロンティア)
蝉かえる
櫻田 智也 (著)
価格:1,760円
法月綸太郎、絶賛!「ホワットダニット(What done it)ってどんなミステリ?その答えは本書を読めばわかります」ブラウン神父、亜愛一郎に続く、名探偵・魞沢泉の鮮やかな推理!
アマゾン本

2020年 受賞作

スワン
スワン
呉 勝浩 (著)
価格:1,870円

銃撃テロを生き延びた五人。彼らは何を隠しているのか、何を恐れているのか第73回日本推理作家協会賞 長編および連作短編集部門 受賞作第41回吉川英治文学新人賞 受賞作第162回直木三十五賞 候補作首都圏の巨大ショッピングモール「スワン」で起きたテロ事件。

アマゾン本

江戸川乱歩賞 大賞

わたしが消える
わたしが消える
佐野 広実 (著)
価格:1,980円
第66回江戸川乱歩賞受賞作!綾辻行人氏(選考委員)、推薦。「序盤の地味な謎が、物語の進行とともに厚み・深みを増しながら読み手を引き込んでいく」元刑事の藤巻は、交通事故に遭い、自分に軽度認知障碍の症状が出ていたことを知り、愕然とする。
アマゾン本

本格ミステリ大賞 大賞

medium 霊媒探偵城塚翡翠
medium 霊媒探偵城塚翡翠
相沢 沙呼 (著)
価格:1,870円

五冠獲得!★第20回本格ミステリ大賞受賞★このミステリーがすごい! 1位★本格ミステリ・ベスト10 1位★SRの会ミステリベスト10 1位★2019年ベストブックさらに2020年本屋大賞ノミネート、第41回吉川英治文学新人賞候補!

アマゾン本

翻訳ミステリー大賞2021 大賞

指差す標識の事例 上 (創元推理文庫)
指差す標識の事例
イーアン・ペアーズ (著), 池 央耿 (翻訳), 東江 一紀 (翻訳), 宮脇 孝雄 (翻訳), & 1 その他
価格:1,386円
【30%還元】新生活セール 本のポイント還元キャンペーン薔薇の名前』×アガサ・クリスティ!ミステリの醍醐味あふれる至高の傑作オックスフォードで勃発した毒殺事件。
アマゾン本

2020年受賞

11月に去りし者 (ハーパーBOOKS)
11月に去りし者
ルー バーニー (著), 加賀山 卓朗 (翻訳)
価格:1,202円

『このミステリーがすごい! 2020年版』(宝島社)【海外編】第6位獲得!1963年、世紀の暗殺事件の秘密に近づきすぎた悪党(ギャング)がいた――ハメット賞受賞作。

アマゾン本

このミステリがすごい!2022年版【国内編】第1位

黒牢城
黒牢城
米澤 穂信 (著)
価格:1,760円
祝 第166回直木賞受賞!本能寺の変より四年前、天正六年の冬。織田信長に叛旗を翻して有岡城に立て籠った荒木村重は、城内で起きる難事件に翻弄される。
アマゾン本

このミステリがすごい!2021年版【国内編】第1位

たかが殺人じゃないか (昭和24年の推理小説)
たかが殺人じゃないか
辻 真先 (著)
価格:2,420円
【ミステリランキング3冠! 】*第1位『このミステリーがすごい! 2021年版』国内編*第1位〈週刊文春〉2020ミステリーベスト10 国内部門*第1位〈ハヤカワ・ミステリマガジン〉ミステリが読みたい!
アマゾン本

このミステリがすごい!2022年版【海外編】 第1位

ヨルガオ殺人事件 上 (創元推理文庫)
ヨルガオ殺人事件
アンソニー・ホロヴィッツ (著), 山田 蘭 (翻訳)
価格:1,100円
【30%還元】新生活セール 本のポイント還元キャンペーン*第1位『このミステリーがすごい! 2022年版』海外編*第1位〈週刊文春〉2021ミステリーベスト10 海外部門*第1位『2022本格ミステリ・ベスト10』海外篇あの『カササギ殺人事件』の続編登場!
アマゾン本

このミステリがすごい!2021年版【海外編】 第1位

その裁きは死 (創元推理文庫)
その裁きは死
アンソニー・ホロヴィッツ (著), 山田 蘭 (翻訳)
価格:1,210円
快挙! 3年連続ミステリランキング4冠!*第1位『このミステリーがすごい! 2021年版』海外編*第1位〈週刊文春〉2020ミステリーベスト10 海外部門*第1位〈ハヤカワ・ミステリマガジン〉ミステリが読みたい!
アマゾン本

2022年(第20回)このミステリーがすごい!大賞

【2022年・第20回「このミステリーがすごい! 大賞」大賞受賞作】特許やぶりの女王 弁理士・大鳳未来 (『このミス』大賞シリーズ)
特許やぶりの女王 弁理士・大鳳未来
南原 詠 (著)
価格:1,540円
第20回『このミステリーがすごい! 』大賞受賞作は、現役弁理士が描く企業ミステリーです! 特許権をタテに企業から巨額の賠償金をせしめていた凄腕の女性弁理士・大鳳未来が、「特許侵害を警告された企業を守る」ことを専門とする特許法律事務所を立ち上げた。
アマゾン本

2021年(第19回)受賞作

【2021年・第19回「このミステリーがすごい! 大賞」大賞受賞作】元彼の遺言状 (『このミス』大賞シリーズ)
元彼の遺言状
新川 帆立 (著)
価格:1,540円
本年度の第19回『このミステリーがすごい! 』大賞受賞作は、金に目がない凄腕女性弁護士が活躍する、遺産相続ミステリー! 「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」という奇妙な遺言状を残して、大手製薬会社の御曹司・森川栄治が亡くなった。
アマゾン本

アガサ・クリスティ賞 大賞

2021年受賞作

同志少女よ、敵を撃て
同志少女よ、敵を撃て
逢坂 冬馬 (著)
価格:2,090円
キノベス! 2022 第1位、2022年本屋大賞ノミネート、第166回直木賞候補作、第9回高校生直木賞候補作テレビ、ラジオ、新聞、雑誌で続々紹介!史上初、選考委員全員が5点満点をつけた、第11回アガサ・クリスティー賞大賞受賞作アクションの緊度、迫力、構成のうまさは只事ではない。
アマゾン本

2020年受賞作

地べたを旅立つ 掃除機探偵の推理と冒険
地べたを旅立つ 掃除機探偵の推理と冒険
そえだ 信 (著)
価格:1,870円
鈴木勢太、性別男、33歳。未婚だが小学5年生の子持ち。北海道札幌方面西方警察署刑事課勤務……のはずが、暴走車に撥ねられ、次に気づいたときには……
アマゾン本

英国推理作家協会(CWA)賞 大賞

2020年受賞作

天使と嘘 上 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
天使と嘘
マイケル ロボサム (著), 越前 敏弥 (翻訳)
価格:1,210円
英語圏ミステリの頂点、英国推理作家協会賞最優秀長篇賞ゴールド・ダガー受賞!嘘を見破る能力を持つ少女と、秘めた過去を持つ心理士が、混迷極まる殺人事件に挑む。
アマゾン本

2019年受賞作

ストーンサークルの殺人 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
ストーンサークルの殺人
M W クレイヴン (著), 柳 智之 (イラスト), 東野さやか (翻訳)
価格:1,298円
イギリス・ミステリ界の頂点英国推理作家協会賞最優秀長篇賞ゴールド・ダガー受賞英国カンブリア州に点在するストーンサークルで次々と焼死体が発見された。
アマゾン本

アメリカ探偵作家クラブ賞 (MWA、エドガー賞) 大賞

2021年受賞作

ブート・バザールの少年探偵 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
ブート・バザールの少年探偵
ディーパ・アーナパーラ (著), 坂本 あおい (翻訳)
価格:1,408円
【2021年度アメリカ探偵作家クラブ賞 最優秀長篇賞受賞作! 】インドのスラムに住む、刑事ドラマ好きの九歳の少年ジャイ。ある日クラスメイトが行方不明になるが、学校の先生は深刻にとらえず警察は賄賂無しには捜査に乗り出さない。
アマゾン本

2020年受賞作

見知らぬ人 (創元推理文庫 M ク 28-1)
見知らぬ人
エリー・グリフィス (著), 上條 ひろみ (翻訳)
価格:1,210円
これは伝説的作家の短編の見立て殺人なのか? ――イギリスの中等学校タルガース校の旧館は、かつてヴィクトリア朝時代の作家ホランドの邸宅だった。クレアは同校の教師をしながら、ホランドの研究をしている。
アマゾン本 



有名日本人作家の推理小説

日本ミステリー界の巨匠「横山秀夫」

ノースライト
ノースライト
横山 秀夫 (著)
価格:1,980円
横山ミステリー史上最も美しい謎。熱く込み上げる感動。一家はどこへ消えたのか?空虚な家になぜ一脚の椅子だけが残されていたのか?『64』から六年。待望の長編ミステリー。一級建築士の青瀬は、信濃追分へ車を走らせていた。
アマゾン本

「東野圭吾」作品の最新刊

マスカレード・ゲーム

マスカレード・ゲーム

東野 圭吾 (著)
価格:1,815円
解決の糸口すらつかめない3つの殺人事件。捜査によって判明した共通点は、その殺害方法と、被害者はみな過去に人を死なせた人間であることだった。
刑事・新田、再びホテル・コルテシア東京へ――。
累計480万部突破、シリーズ集大成!
アマゾン本

オカルティズム溢れる巨匠「京極夏彦」

文庫版 ヒトごろし(上) (新潮文庫)
ヒトごろし
京極 夏彦 (著)
価格:1,210円
「俺は、土方歳三だ」手に入れたのは銘刀和泉守兼定とサムライの身分。これで──斬れる。圧巻の傑作時代長篇!血飛沫。焔に包まれる宿場町。土方歳三は少年時代より死に魅入られていた。
アマゾン本

古典の有名推理小説

ジョルジュ・シムノン《メグレ警視シリーズ》の名作

黄色い犬 (1963年) (角川文庫)
黄色い犬 (1963年)
ジョルジュ シムノン (著), Georges Simenon (原著), 中島 昭和 (翻訳)
価格:973円
アマゾン本

「ジョン・ディクスン・カー」の《アンリ・バンコラン》シリーズ

夜歩く【新訳版】 (創元推理文庫)
夜歩く【新訳版】
ジョン・ディクスン・カー (著), 和爾 桃子 (翻訳)
価格:814円
刑事達に囲まれた密室で起きた殺人。夜のパリを徘徊するのは殺人者か、人狼か。悪魔の如き冷酷さと鋭い知性を持つ予審判事アンリ・バンコラン最初の事件。
アマゾン本

「エラリィ・クイーン」の《ライツヴィル》シリーズ

災厄の町〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
災厄の町〔新訳版〕
エラリイ・クイーン (著), 越前 敏弥 (翻訳)
価格:1,320円
【巨匠の代表作を新訳で贈る】 結婚式直前に失踪したジムが、突如としてライツヴィルの町に戻ってくる。三年間じっと彼の帰りを待っていた婚約者のノーラと式を挙げ、幸福な日々が始まったかに見えた。
アマゾン本

2022年(第22回)本格ミステリ大賞候補作品|小説部門と評論・研究部門

 

【2022年最新】注目の国内ミステリ小説一覧|最新作、新刊の発売月など

タイトルとURLをコピーしました