2022年最新【北欧ミステリー】の人気小説一覧

北欧ミステリ2022

2022年注目「北欧ミステリーのタイトル」をまとめています。

これから発売される新刊や最新作など話題のミステリ小説。Kindle(キンドル)版も。

「忘れたとは言わせない」「印(サイン)」「湿地 」「三日間の隔絶」など..

キンドルストア

【2022年最新】北欧ミステリー

忘れたとは言わせない
忘れたとは言わせない
トーヴェ アルステルダール (著), 染田屋 茂 (翻訳)
価格:2,420円

23年前の凶悪事件の犯人が戻ってきた日、事件は起きた。スウェーデン推理小説アカデミー最優秀ミステリ賞、スカンジナヴィア推理作家協会「ガラスの鍵」賞W受賞作。米TVシリーズ化決定!

アマゾン本
被疑者アンデルセンの逃亡 (上) (竹書房文庫 か 19-1)
被疑者アンデルセンの逃亡
A.J.カジンスキー (著), トーマス・リュダール (著), & 2 その他
価格:1,100円
猟奇殺人の汚名を着せられたアンデルセンが真犯人を捜し、コペンハーゲンを駆ける。“空白の一年半”に隠された童話作家誕生の秘密。
北欧ミステリ
三日間の隔絶 上 (ハヤカワ・ミステリ文庫 HMル 6-13)

三日間の隔絶

アンデシュ・ルースルンド (著), 井上 舞 (翻訳), 下倉 亮一 (翻訳)
価格:1,144円
17年前に起きた一家惨殺事件と、ピート・ホフマンの元へ届いた謎の脅迫状とのつながりとは。グレーンス警部が事件を解き明かす。
北欧ミステリ
印
印(サイン)
アーナルデュル・インドリダソン (著), 柳沢 由実子 (翻訳)
価格:2,200円
彼女は湖のほとりのサマーハウスで首をつっているのを発見された。夫によると数年前に親密だった母親を病で失い、以来精神的に不安定になっていたという。
北欧ミステリ
1794 (小学館文庫 ナ 1-2)
1794
ニクラス・ナット・オ・ダーグ (著), ヘレンハルメ 美穂 (翻訳)
価格:1,430円
北欧発、超弩級歴史ミステリー三部作第二弾1794年、ストックホルム。カリブ海に浮かぶ植民地サン・バルテルミー島での過酷な日々を終えて故国に帰還した若者エリックは、幾多の困難を乗り越え将来を誓い合った娘リネーアと、ついに夫婦となろうとしていた。
北欧ミステリ
1795
1795
ニクラス・ナット・オ・ダーグ (著), ヘレンハルメ 美穂 (翻訳)
価格:1,364円

北欧歴史ミステリー至高の三部作、完結篇!フランス革命の影響は未だ色濃く残り、暴力と奸計が常態化していた1795年のストックホルム。事件を捜索することで立ち直りつつあった戦場帰りの引っ立て屋カルデルと心を病んでいた学生エーミル。

アマゾン本
悪い弁護士は死んだ 上 〈ベックストレーム警部シリーズ〉 (創元推理文庫)
悪い弁護士は死んだ [Kindle版]
レイフ・GW・ペーション (著), 久山 葉子 (翻訳)
価格:1,200円
その日はベックストレーム警部にとって人生最良の日だった。マフィアお抱え弁護士として警察を悩ませてきたエリクソンが死体で発見されたのだ。
北欧ミステリ
警部ヴィスティング 悪意 (小学館文庫)
警部ヴィスティング 悪意 [Kindle版]
ヨルン・リーエル・ホルスト (著), 吉田薫 (翻訳) 形式: Kindle版
価格:1,166円

英訳北欧ミステリ最高賞受賞作、第3弾!2021年「このミステリーがすごい!」海外編第7位、2019年英訳北欧ミステリ最高賞「ペトローナ賞」受賞の、国内外で大人気のミステリ「警部ヴィスティング コールドケース・シリーズ」

北欧ミステリ
魔術師の匣 上 (文春文庫 レ 6-1)
魔術師の匣
カミラ・レックバリ (著), ヘンリック・フェキセウス (著), 富山クラーソン陽子 (翻訳)
生きづらさを抱えた女性刑事と男性奇術師が連続殺人に挑む。売上累計三千万部の女王が最強メンタリストとのタッグで贈る新シリーズ!
北欧ミステリ
犠牲者の犠牲者 (ハーパーBOOKS)
犠牲者の犠牲者 [Kindle版]
ボー スヴェーンストレム (著), 富山クラーソン 陽子 (翻訳) 形式: Kindle版
価格:1,320円
被害者全員、犯罪者。ストックホルム近郊で発生した凄惨な連続殺人事件。真の目的を知ったとき、あなたはきっと驚愕する――スウェーデンNo.1ベストセラー!
北欧ミステリ
墓から蘇った男(上) (扶桑社BOOKSミステリー)
墓から蘇った男 [Kindle版]
ラーシュ・ケプレル (著), 品川 亮 (翻訳) 形式: Kindle版
価格:1,155円
世界1500万部超!血の呪縛に絡まる死んだ男の冷凍庫にあった頭蓋骨。これはヨーナへのメッセージか?オスロの集合住宅の住民から悪臭の苦情が寄せられ、警官が向かった先には、腐敗が進行し、腹部を膨張させ両足の開いた男の死体があった。
北欧ミステリ
ウサギ狩り人(上) (扶桑社BOOKSミステリー)
ウサギ狩り人 [Kindle版]
ラーシュ・ケプレル (著), 古賀 紅美 (翻訳) 形式: Kindle版
価格:990円
世界1500部突破! ヨーナ・リンナシリーズ最高傑作!そこは天国ではなく地獄。ヨーナとサーガが繰り広げる鬼気迫る追跡劇!ストックホルムの高級住宅街。
北欧ミステリ
チェスナットマン (ハーパーBOOKS)
チェスナットマン [Kindle版]
セーアン スヴァイストロプ (著), 高橋 恭美子 (翻訳) 形式: Kindle版
価格:1,158円

バリー賞新人賞受賞!デンマークを震撼させる連続殺人事件。手首のない死体の側には、“栗の人形(チェスナットマン)”が残されていた――

北欧ミステリ
影のない四十日間 上 (創元推理文庫)
影のない四十日間 [Kindle版]
オリヴィエ・トリュック (著), 久山 葉子 (翻訳) 形式: Kindle版
価格:1,045円
長い極夜がようやく明けた日、トナカイ牧夫が無残な死体で発見された。ミステリ批評家賞、813協会賞など23賞受賞CWAインターナショナルダガー最終候補作クレメットとニーナは、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド
北欧ミステリ
手/ヴァランダーの世界 刑事ヴァランダー・シリーズ (創元推理文庫)
手/ヴァランダーの世界 刑事ヴァランダー・シリーズ [Kindle版]
ヘニング・マンケル (著), 柳沢 由実子 (翻訳) 形式: Kindle版
価格:1,260円
北欧ミステリの帝王のCWA賞受賞シリーズ!刑事ヴァランダーが新居探しで見たものは……単行本初収録の短編と著者自身が書いたシリーズ各巻の解説、全登場人物、地名索引を併録。
北欧ミステリ
刑事ファビアン・リスク 九つ目の墓 (ハーパーBOOKS)
刑事ファビアン・リスク 九つ目の墓
ステファン アーンヘム (著), 堤 朝子 (翻訳)
価格:1,100円

殺人者は誰と誰だ?複数のバラバラ死体、2人の猟奇的な容疑者、錯綜する捜査――スウェーデンで75人に1人が震撼!シリーズ累計35万部突破の警察小説第2弾

北欧ミステリ
タイトルとURLをコピーしました