【カズオイシグロ】待望の新刊「クララとお日さま」ノーベル文学賞後第1作

カズオイシグロ

【カズオ・イシグロ】最新作「クララとお日さま」発売

ノーベル文学賞作家「カズオイシグロ」の最新長篇 『クララとお日さま』が、2021年3月2日(火)に世界同時発売されました。

実に6年ぶりとなる新作で、ノーベル文学賞受賞第一作となります。

カズオイシグロの新刊とタイトル一覧

最新作(ノーベル受賞後第1作)

クララとお日さま
クララとお日さま
カズオ イシグロ (著), 土屋 政雄 (翻訳)
価格:2,750円
ノーベル文学賞受賞第一作。カズオ・イシグロ最新作、2021年3月2日(火)世界同時発売! AIロボットと少女との友情を描く感動作。
アマゾン本

その他の作品

日の名残り (ハヤカワepi文庫)
日の名残り
カズオ・イシグロ (著), 土屋 政雄 (著, 翻訳)
価格:836円
短い旅に出た老執事が、美しい田園風景のなか古き佳き時代を回想する。長年仕えた卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された重要な外交会議の数々……。
アマゾン本
わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)
わたしを離さないで
カズオ・イシグロ (著), 土屋 政雄 (著), 土屋政雄 (翻訳)
価格:880円
優秀な介護人キャシー・Hは「提供者」と呼ばれる人々の世話をしている。生まれ育った施設へールシャムの親友トミーやルースも「提供者」だった。
アマゾン本
忘れられた巨人 (ハヤカワepi文庫)
忘れられた巨人
カズオ イシグロ (著), 土屋 政雄 (翻訳)
価格:1,078円
奇妙な霧に覆われた世界を、アクセルとベアトリスの老夫婦は遠い地で暮らす息子との再会を信じてさまよう。旅するふたりを待つものとは……
アマゾン本
充たされざる者 (ハヤカワepi文庫)
充たされざる者
カズオ・イシグロ (著), 古賀林 幸 (著, 翻訳)
価格:1,650円
世界的ピアニストのライダーは、あるヨーロッパの町に降り立った。「木曜の夕べ」という催しで演奏する予定のようだが、日程や演目さえ彼には定かでない。
アマゾン本
遠い山なみの光 (ハヤカワepi文庫)
遠い山なみの光
カズオ・イシグロ (著), 小野寺 健 (著, 翻訳)
価格:80円
イギリスに暮らす悦子は、娘を自殺で失った。喪失感に苛まれる中、戦後混乱期の長崎で微かな希望を胸に懸命に生きぬいた若き日々を振り返る。
アマゾン本
夜想曲集: 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語 (ハヤカワepi文庫)
夜想曲集
カズオ・イシグロ (著)
価格:66円
ベネチアのサンマルコ広場を舞台に、流しのギタリストとアメリカのベテラン大物シンガーの奇妙な邂逅を描いた「老歌手」。
アマゾン本
わたしたちが孤児だったころ (ハヤカワepi文庫)
わたしたちが孤児だったころ
カズオ・イシグロ (著), 入江 真佐子 (著, 翻訳)
価格:1,034円
上海の租界に暮らしていたクリストファー・バンクスは十歳で孤児となった。貿易会社勤めの父と反アヘン運動に熱心だった美しい母が相次いで謎の失踪を遂げたのだ。
アマゾン本
浮世の画家〔新版〕 ((ハヤカワepi文庫))
浮世の画家〔新版〕
カズオ イシグロ (著), 飛田 茂雄 (翻訳)
価格:990円
戦時中、日本精神を鼓舞する作風で名をなした画家の小野。多くの弟子に囲まれ、大いに尊敬を集める地位にあったが、終戦を迎えたとたん周囲の目は冷たくなった。
アマゾン本
特急二十世紀の夜と、いくつかの小さなブレークスルー: ノーベル文学賞受賞記念講演
特急二十世紀の夜と、いくつかの小さなブレークスルー ノーベル文学賞受賞記念講演
カズオ イシグロ (著), 土屋 政雄 (翻訳)
価格:1,430円
デビュー前の若き日々から現在にいたるまでの問題意識、思い出の中の日本について、そして現代社会の諸問題にどう立ち向かっていくか。
アマゾン本

【 関連記事 】

タイトルとURLをコピーしました