【英国推理作家協会(CWA)賞】の歴代受賞作一覧|ゴールドダガー賞など

英国推理作家協会賞

《英国推理作家協会(CWA)賞の歴代の受賞作》

ゴールド・ダガー賞、イアン・フレミング・スチール・ダガー賞、ヒストリカル・ダガー賞、インターナショナル・ダガー賞など

「ストーンサークルの殺人」「ブルーバード・ブルーバード」「ザ・カルテル」「生か、死か」など

歴代の英国推理作家協会(CWA)賞

2020年 受賞作

ゴールド・ダガー賞

天使と嘘 上 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
天使と嘘 上
マイケル ロボサム (著), 越前 敏弥 (翻訳)
英語圏ミステリの頂点、英国推理作家協会賞最優秀長篇賞ゴールド・ダガー受賞!嘘を見破る能力を持つ少女と、秘めた過去を持つ心理士が、混迷極まる殺人事件に挑む。新シリーズここに開幕!
アマゾン本

イアン・フレミング・スチール・ダガー賞

11月に去りし者 (ハーパーBOOKS)
11月に去りし者
ルー バーニー (著), 加賀山 卓朗 (翻訳)
価格:1,202円
『このミステリーがすごい! 2020年版』(宝島社)【海外編】第6位獲得!1963年、世紀の暗殺事件の秘密に近づきすぎた悪党(ギャング)がいた――
ハメット賞受賞作。
キンドルストア

2019年 受賞作

ゴールド・ダガー賞

ストーンサークルの殺人 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
ストーンサークルの殺人
M W クレイヴン (著), 柳 智之 (イラスト), 東野さやか (翻訳)
価格:1,298円
イギリス・ミステリ界の頂点英国推理作家協会賞最優秀長篇賞ゴールド・ダガー受賞英国カンブリア州に点在するストーンサークルで次々と焼死体が発見された。
キンドルストア

ヒストリカル・ダガー

カルカッタの殺人 (ハヤカワ・ミステリ 1945)
カルカッタの殺人
Abir Mukherjee (原著), アビール ムカジー (著), 田村 義進 (翻訳)
価格:2,310円
1919年、英国領インド。赴任したばかりのウィンダム警部は、英国人高官が殺害された事件の捜査の指揮をとる。優秀なインド人警察官であるバネルジー部長刑事を相棒に、ウィンダムは現地の事情に分け入っていくが……。
キンドルストア

2018年 受賞作

イアン・フレミング・スチール・ダガー賞

ブルーバード、ブルーバード (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
ブルーバード、ブルーバード
アッティカ ロック (著), Attica Locke (著), 高山 真由美 (翻訳)
価格:1,980円
テキサス州のハイウェイ沿いの田舎町で、ふたつの死体があいついで発見された。都会から訪れていた黒人男性弁護士と、地元の白人女性の遺体だ。停職処分中の黒人テキサス・レンジャー、ダレンは、FBIに所属する友人から、事件の周辺を探ってほしいと頼まれて現地に赴くが──。
キンドルストア

ヒストリカル・ダガー

影の子 (ハヤカワ・ミステリ1931)
影の子
デイヴィッド・ヤング (著), 北野 寿美枝 (翻訳)
価格:2,310円
【英国推理作家協会賞ヒストリカル・ダガー賞(最優秀歴史ミステリ賞)受賞】 1975年2月、東ベルリンの〈壁〉に接した墓地で、少女の死体が発見される。現場に呼び出された刑事警察の女性班長ミュラー中尉は衝撃を受ける。
キンドルストア

2017年 受賞作

ゴールド・ダガー賞

渇きと偽り (ハヤカワ・ミステリ文庫)
渇きと偽り
ジェイン ハーパー (著), 青木 創 (翻訳)
価格:1,100円
英国推理作家協会賞受賞! オーストラリア・ミステリの傑作。 干魃にあえぐ町で起きた一家惨殺事件。帰郷した捜査官が見出した真相とは?
キンドルストア

2016年 受賞作

ゴールド・ダガー賞

東の果て、夜へ (ハヤカワ・ミステリ文庫)
東の果て、夜へ
ビル ビバリー (著), 熊谷 千寿 (翻訳)
価格:1,012円
――少年は旅に出る。2000マイル先へ、人を殺しに。名だたるミステリ文学賞を連続受賞。昨年、英語圏で最高の評価を獲得した傑作がついに邦訳。★英国推理作家協会賞最優秀長篇賞ゴールドダガー受賞★同最優秀新人賞ジョン・クリーシー・ダガー受賞
キンドルストア

イアン・フレミング・スチール・ダガー賞

ザ・カルテル (上) (角川文庫)
ザ・カルテル (上)
ドン・ウィンズロウ (著), 峯村 利哉 (その他)
価格:33円
麻薬王アダン・バレーラが脱獄した。30年にわたる血と暴力の果てにもぎとった静寂は束の間、身を潜めるDEA捜査官アート・ケラーの首には法外な賞金がかけられた。
キンドルストア

インターナショナル・ダガー賞

天国でまた会おう(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
天国でまた会おう(上)
ピエール ルメートル (著), Pierre Lemaitre (著), 平岡 敦 (翻訳)
価格:814円
膨大な犠牲者を出して、大戦は終わった。真面目な青年アルベールは、戦争で職も恋人も失ってしまう。画才に恵まれた若きエドゥアールは顔に大怪我を負い、家族とのつながりを断つ。
キンドルストア

2015年 受賞作

ゴールド・ダガー賞

生か、死か (ハヤカワ・ミステリ文庫)
生か、死か
マイケル ロボサム (著), 越前 敏弥 (翻訳)
価格:990円
出所日前夜に突如脱獄した男。たった一日さえ待てば、自由も金もすべてが手に入ったはずなのに……。その決断の裏隠された陰謀とは?
キンドルストア

イアン・フレミング・スチール・ダガー賞

警官の街 (マグノリアブックス)
警官の街
カリン・スローター (著), 出水 純 (翻訳)
価格:1,356円
キンドルストア

インターナショナル・ダガー賞

傷だらけのカミーユ (文春文庫) (文春文庫 ル 6-4)
傷だらけのカミーユ
ピエール・ルメートル (著), 橘明美 (翻訳)
価格:924円
『悲しみのイレーヌ』『その女アレックス』のヴェルーヴェン警部シリーズ三部作の最終作。『その女アレックス』に続き、イギリス推理作家協会賞の2015年度インターナショナル・ダガー賞を受賞。
キンドルストア

ジョン・クリーシー・ダガー賞

われらの独立を記念し (ハヤカワ・ミステリ)
われらの独立を記念し
スミス・ヘンダースン (著), 鈴木 恵 (翻訳)
価格:2,530円
ソーシャルワーカーのピートは問題のある家庭の面倒をみる仕事をしている。一方で彼自身もまた家族との関係がぎくしゃくしており、妻娘とは別居中だ。あるとき、彼が出会った栄養失調の少年は山中で世間から離れて生活をしていると語り……。
キンドルストア

2014年 受賞作

ゴールド・ダガー賞

約束の道 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
約束の道
ワイリー・キャッシュ (著), 友廣 純 (翻訳)
価格:2,488円
【英国推理作家協会(CWA)賞ゴールド・ダガー賞受賞! 】 母さんが死に、施設に引き取られたわたしと妹のもとに、三年前に離婚して親権も放棄したウェイドが現われた。
キンドルストア

2013年 受賞作

ゴールド・ダガー賞

死んだライオン (ハヤカワ文庫NV)
死んだライオン
ミック・ヘロン (著), 田村 義進 (翻訳)
価格:1,166円
【英国推理作家協会賞ゴールドダガー賞受賞】 満員のバスのなかでひっそりと死んだ老人は、元スパイだった。誰も注目しなかった小さな死に目を留めたのは、〈泥沼の家〉のリーダー、ジャクソン・ラムだけだったが……
キンドルストア

イアン・フレミング・スチール・ダガー賞

ゴーストマン 時限紙幣 (文春文庫)
ゴーストマン 時限紙幣
ロジャー ホッブズ (著), Rober Hobbs (原著), 田口 俊樹 (翻訳)
価格:2,178円
このミステリーがすごい!第3位。イギリス推理作家協会スティール・ダガー賞受賞。マルタの鷹協会ファルコン賞受賞。〈21世紀に書かれた犯罪小説の十指に入る傑作。〉――杉江松恋文庫版のみ本邦初訳の短編「ジャック ゴーストマンの自叙伝」を収録!
キンドルストア

【アメリカ探偵作家クラブ(エドガー)賞】の受賞作一覧!歴代の受賞作

【関連記事】

タイトルとURLをコピーしました